子供がいない人生エスリンクス管理人のブログ

子どもがいない人生、Smile Life No Kids エスリンクス。     子どもがいないを”ノンファン”で言い表わしたいです

まじめな駄ネタ

   

初めての方へ→ブログの紹介
ーーー

ノンファンとは関係ない話みたいで
実は子どもがいない人が増えていることと関係していること。

数日前に生涯未婚率の話で

なぜ同じ50歳の時点で男性の方が未婚の人が多いんでしょうか?
なぜ女性の方が未婚の人が少ないんでしょうか?
という問いはちょっと質問の仕方がヘンでした。

内閣府 白書より 国立社会保障人口問題研究所 人口統計資料2014

内閣府サイトから
国立社会保障・人口問題研究所統計資料集2014を基にした生涯未婚率のグラフ
1990年前後は男女とも5%くらいだし、男女の差は数パーセントしか
未婚率の差がなかった。しかし差が男女の未婚率の差がどんどん開いていく。
この統計の最新は
2015年 男性 約23% 女性 約14%
0歳時点で未婚(一度も結婚歴がない)の男性と女性の割合が
10%も開いている・・・

なぜでしょう(これが質問でした)



複数回結婚した男性が未婚の女性と結婚している、、、

ということらしいです。
言葉悪く言えば一人の男性が複数の女性を食っている(←食うが適切かどうかは
分からないけれどそんな感じで聞きました)。
だから、50歳時点での生涯未婚率の男女差がこんなにあるんだそうです。

→バツイチが未婚の女性と結婚している
→もてる男の人は離婚しても(多分自分より若い未婚の女性と)結婚できる

昔はそんなに男女の未婚率の差が開いていかなかった。
離婚が少ない、ということが大きいのかな。

モテる人はどこまでももてて
他の人との格差が広がっているということか、、、

って言えば、やっぱりね。

で終わっちゃうけれど
収入の格差(正規、非正規)が広がっているということとも
リンクしていると思います。
どうしようもかなわないカッコいい稼ぐ人ならもてても仕方ないな~と皆思うけれど
就職氷河期などでほかの卒業年度なら正社員になれたのに、っていうケースが
一番やるせない。

生涯未婚率が上がるということは子どもの数が減るということとリンクしてくるのに。

お願い いつもブログに訪問していただきありがとうございます。
エスリンクスは子どものいない人生の方の情報交換と交流を目的に

主催者Samiが株式会社を設立して、厳しい運営状況のもと続けております。
今年12月の本の出版も「子どものいない人生」の人たちのことをもっと知ってもらいたいという一念で
不採算覚悟で動いています。
子どもがいてもいなくてもこのサイトを知ったら興味を持ってくれそうな方に

サイトやブログ情報をシェアしていただけると嬉しいです。

メルマガ登録ボタン

メルマガ登録ボタン

お願い文章1-1

お願い文章1-1
エスリンクスホームページ 

↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。↓ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
↓こちらもよろしくお願いします。

 - ひとりごと、雑記