子供がいない人生エスリンクス管理人のブログ

子どもがいない人生、Smile Life No Kids エスリンクス。     子供を持てなかった、リンクスを生きること、ともに考える。集う。

子どもがいるいない以外でも難しい配慮基準

   

初めての方へ→ブログの紹介

ーーー
先日の出版社との打合せで
いろいろリンクスのことなど話していて
うぅううむ、、、ほんと難しいなと思ったことが
「相手の立場と自分の立場の距離の配慮」

会話の相手となる人が子どもが欲しくてできなかったということが、子どもがいる方が分かっていたら
子どもの話題を少し遠慮する、これは配慮のひとつ。

でも欲しくてできなかった、ということを知らなかったら、、、
ここは話す人の想像に任せるしかありません。
そしてその想像力はその人のこれまでの人間関係で築かれていく人を見る目や直感なども
土台になるため、人によって違います。




子どもがいる、いないということに限らず
相手の立場と自分の立場の距離を測るのがなかなかに難しい。

以前、あることに対して冗談交じりに友人に言ったことが
その友人にはとても傷つくことだったらしく、
メールでそのことを指摘されたことがあります。

人を傷つけてしまった、と思い本当に失敗したと思いました。

その出来事の顛末、言った内容を周囲の友人に言ったところ
「それは普通冗談だと思うし怒ることではない」と皆が言ったので少し安心はしましたが、
いやな思いをさせてしまったことは事実だし
人間関係ってほんと難しい、とこの時は本当に思いました。
それと一人の人間が持つストーリーの深さもはかりし知れない。

コミュニケーションを図るためになのにかえってこんなことになってしまっては
喋らない方がいい、やはり沈黙は金なり、、、だ、とも思って
黙る女になろうとしたけれどムリだった^^

子どもがいる人も子どもがいない人がどう感じるかは
手探り状態かもしれないですね。

そして私たちもどこかで知らないうちに人を傷つけているかもしれない。

傷つけ、傷つき、、、それが生きているってことよ(笑)、といえば簡単だけどね←こんな終わり方^^;

いつもブログに訪問していただきありがとうございます。
エスリンクスは子どものいない人生の方の情報交換と交流を目的に

主催者Samiが株式会社を設立して、厳しい運営状況のもと続けております(◞‸◟)。
今年12月の本の出版も「子どものいない人生」の人たちのことをもっと知ってもらいたいという一念で
不採算覚悟で動いています。
子どもがいてもいなくてもこのサイトを知ったら興味を持ってくれそうな方に

サイトやブログ情報をシェアしていただけると嬉しいです。

エスリンクスホームページ 
励みになりますので押していただけると嬉しいです。↓にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

<

 - ひとりごと、雑記