子供がいない人生エスリンクス管理人のブログ

子どもがいない人生、Smile Life No Kids エスリンクス。     子供を持てなかった、リンクスを生きること、ともに考える。集う。

甘いお赤飯の話

   

初めての方へ→ブログの紹介
ーーー

最近の面白い動向・・・どんな風になっていくんだろう(またまた最近マイブームのいい側面見る未来志向シリーズ(*'▽')

Facebookで北海道出身の友人があげていた写真と説明に
かなりショウゲキ受けました。

これがその画像
19732004_846634325503029_2874174175826657684_n

(いちお友人には使用許可とりました^^)

北海道で育った彼は
赤飯といえば甘納豆に食紅で甘いご飯が普通
(私が普段赤飯と思っている)小豆の赤飯を初めて食べた時は衝撃だった

という投稿で
懐かしいという甘い赤飯の写真が載ってました。

甘いお赤飯?
げげ、
考えただけでも、脳が処理できずに
解読不能。
かなりの衝撃でした、甘いお赤飯。

コメントに青森の方も、うちの方もこれでしたよ~と書き込み。
結構範囲広い・・・

栃木県民がみんな知っている(とよく書いてある)というレモン牛乳。
日光に行ったら普通にキオスクで売っていた。
見ただけでも楽しくなっちゃった。味は私には甘すぎて(+_+)だったけど。

他にもたくさんあるんだろうな。
広くない国土にこのバラエティさ。
集めたくなるくらい面白いものや発見がありそう。

日本ってそれぞれの地域特有の文化や食べ物があって
今まで旅行した人くらいしかその存在を知らなかったのが
今はスマホですぐ写真撮れて、SNSでアップして、皆にシェアされて。

よく疲弊させられるSNSだけれど、SNSも結構いいことするね~。

皆が画面ばかり見て歩いているとデメリットも言われるけれど
こういう甘い赤飯みたいな(私にとっては)興味あるもの、おもろいもの。
SNSだからこそ見れた、知れた。
日本の消えゆくものも
SNS利用で日の目を見てそれを見に行き食べに行く人がいる。
なんだかおもしろいなあ。

甘い赤飯画像で↑を思ったのは
誕生から50年経ったリカちゃん人形についての記事

スマホ、SNSで人形遊びなんてリアルなものがすたれると思いきや、
リカちゃんにおしゃれに着せてそれをSNSにアップするという動き。

SNSに載せるためリアルを楽しむ。
結果廃れ行くリアルが残る。

SNSに載せるために見つけた地方の知らないモノや文化がクローズアップされる。
結果忘れ去られそうだったモノや食の存在が注目される。

↑最後無理やりなまとめ。

こういうの面白いな~、この先どうなっていくのかなー

今のテクノロジーの進化、SNSのこれからの進化で
リンクスどうしの情報交換やシェアももっともっと進むこと
願います。
全く思いもよらないSNSの進化形とか出てくるかもしれないし。

 

お願い文章1-1

お願い文章1-1
エスリンクスホームページ 
励みになりますので押していただけると嬉しいです。↓にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 - ひとりごと、雑記