子供がいない人生エスリンクス管理人のブログ

子どもがいない人生、Smile Life No Kids エスリンクス。     子供を持てなかった、リンクスを生きること、ともに考える。集う。

1.求めていた答え・伝えたい答え 子どもがいない

   

初めての方へ→ブログの紹介
ーーー

これは長くなるからタイトルに1を書いてしまった。

前置き長くなるし、
今日は本題まで行かないと思います^^;

先日、胸がちょっと痛かった、不快感があった時の話を書きましたが
その後もなんとなーく、それに頭痛も続くし。
検索したら、比較的近いところにハートクリニックが2ヶ月前にできて
できたばかりだから空いているだろうという期待とともに
とにかく昨日行ってきました。


結果、そこまで必要ないとは思ったのですが
心臓ドックみたいなものをしてもらうことになりました。
3日くらいバラバラに行って、何種類かの検査と家でも。
全部揃うのは10月の半ば過ぎ、、、。

問診していて聞かれている時に、私が痛みと気持ち悪いなーと感じた時は
別の仕事関係での話し合いをしていた時で
ストレスフルな時間だったのを思い出し、
「あ~やっぱりストレスからきているんじゃないのかな」と思いました
(つまり病は気から)

まぁなんともないと思うので普段だったら、あの不快感で検査なんて面倒くさいし、しないです。
もしくは簡単なのしかやらない状況です。
なのですが、

実は、本が出るまでは、突然死はできないと私、本気で思っているのです。

(日が短くなって
アンニュイになりやすい時期も影響しているかもしれない)

(でも本が出た後も、突然死は困るけれど)

人間ドックの問診票もそうですが遺伝のことなどもあり
今回の時も既往歴って自分以外にも身内のも聞かれました。
そういえば親戚に年取る前からペースメーカー装着者が数人いたのを
思い出し、そういうこともあって。

それで、ここからそろそろ本題の序章。
病院の待合室に日本では結構有名な心臓外科医が書かれた本が
数冊置かれていました。
私は新聞のコラムで名前を知っていたのですが
本を読んだことはなく、長い待ち時間、そのうちの一冊を
さーっと読んでいきました。

続く

お願い いつもブログに訪問していただきありがとうございます。
エスリンクスは子どものいない人生の方の情報交換と交流を目的に

主催者Samiが株式会社を設立して、厳しい運営状況のもと続けております。
今年12月の本の出版も「子どものいない人生」の人たちのことをもっと知ってもらいたいという一念で
不採算覚悟で動いています。
子どもがいてもいなくてもこのサイトを知ったら興味を持ってくれそうな方に

サイトやブログ情報をシェアしていただけると嬉しいです。

お願い文章1-1

お願い文章1-1
エスリンクスホームページ 
励みになりますので押していただけると嬉しいです。↓にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 - 子どもがいないということ