子供がいない人生エスリンクス管理人のブログ

子どもがいない人生、Smile Life No Kids エスリンクス。     子供を持てなかった、リンクスを生きること、ともに考える。集う。

2リンクス・独居人が頼る先は・・・

   

昨日の記事の続きで
大学の先生が
”死を社会で考えて、何らかの対策を取らないと、公共政策として“人の人生を、どうやって終わっていくべきなのか”、国の政策の関与も必要ではないか。”
とおっしゃっていたけれど、
もし、
年取って人生の終わり方を行政等で扱ってくれたら
今リンクス(結婚していてもしていなくても後を継ぐ人、見る人がいない人)が抱えている不安がかなり払拭される~

という希望の話だけではなく、やはり死を迎える際のシステムはこれから必要なものになってくるのでは、、、。

民間で老人ホームの保証人サービスや看取り、人生の終わりに関するサービスを
扱う業者が需要の増加が見込まれるのでこれから増えるかもしれません。
しかし、そこに何らかの行政による規制や監視がきちんとしていないと
なけなしの最後のお金を託して、結局だまし取られた、預けた会社が倒産した、
そうしたら、後に残るのは体が動かない子供がいない1人暮らしのお年寄り、、、
という事態が増えてしまったら・・・
社会にとっても損失は大きいと思うのです。

できれば、行政に対してお金を預託できる制度みたいなのがあれば少しは安心か(しかし自治体も破たんすることあるしね・・・)
う~ん、難しい・・・

エスリンクスホームページ 
励みになりますので押していただけると嬉しいです。↓にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ


 - 子どもがいないということ