子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人Samiのブログ

子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人のブログです ”子どもがいない”を一言”ノンファン”で言い表わしたい~

このままだと

   

エスリンクスHP
書籍『「子なし」のリアル

”こういうサイトがあって交流会があるの知りませんでした。
一度参加してみたいです”

というメールをいくつかいただいて
週末と平日にと3月考えていました
あと、選択ノンファンの方対象の交流会。

しかしこのままでは
オープンに交流会活動ができないのでは

どこも厳しいので
甘えたことは言ってられないですが

微々たる力でやっていて
自分のほぼ全貯金を費やして活動しちゃったため
(熱い思いだけで突っ走ってしまった。今振り返ると滑稽なくらい。
本の出版が最大の出費だけど)

閉じざる得ないと考え始めています。

今までもウダウダと
縮小とか続けるのが大変とか
そんなこと書いてたけど
何か止めるものがありスパッとやめられなかったので
逆に良い機会なのかもしれないと思います。

<

”一度参加してみたいです”
とメールくださった方達や再び参加したいと
言ってくださる方には
交流会に参加していただきたいし
関西などでもまた、名古屋でもということを実現させられるように、
またオンラインで地方の方が参加できる交流会と思っていま
した。

あとよく参加してくださる方や
何かあったら協力をと言ってくださる方や
大阪や名古屋での交流会を協力、後押ししてくださるような
方がいて嬉しいなぁと感謝しつつ
そして

今は続けられる方策を考えつつ、
できたら良いのですが
撤退も考えています。

完全撤退にならないようにしたいのですが
相談したい方と今会える状況にないのが
つらいところ(会って話したい)。

高齢者は罹患すると命の危険があるウイルスがまだ
抑え込めていない、良い治療薬も見つかっていない
世界中に感染が広がっていて
世の中非常事態なんですよね。

そんな中

日常のコト(胡瓜が少しは安くなったとか^^;)を
思えるのは
幸せなことなんだなあと思います。

もうなんたって
子なし、じゃなくて
子どもがいない人、状況、(既婚未婚男女問わず) を
表す良い略語が欲しい
一般的になって欲しい

というのが
始めた原点とゴール。

ノンファンという言葉はその提案。

そうした子どもがいない人を一言で表す
良さげな言葉が定着したら
居心地の悪さや肩身の狭さを感じる子どもがいない人の
気持ちが1ミリとはいえ今より絶対に軽くなことにつながる
それは信じていて
それが最初滑稽までに突き進んだ先にある目標とする最終ゴールでした。

撤退を考え始めると
私の最終ゴールはそこだったんだと
改めて思い出します。

そのうち続く

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス 
↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。 にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 - ひとりごと、雑記