子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人Samiのブログ

子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人のブログです ”子どもがいない”を一言”ノンファン”で言い表わしたい~

そうだった・・・

   

エスリンクスHP
書籍『「子なし」のリアル

読みたいような、何について書かれた記事か分かるようなブログタイトルが
検索にもひっかかるのよ、読まれるのよ、だそうなので
今日のタイトルは全くなっちゃいないですが^^;

「そうだった、、、ノンファンの理由背景が多様なのは
多くの方たちと交流会やネットで接するなかで
まさに実感してたじゃないか私、そうかこれかぁ」と最近思ったことが。

子どもがいない人がカテゴリー化されて
サービスでも商品でもその人たち向けのものが
提供されると

結果的にノンファンのことを知ってもらえる → 
マーケットの対象として挙げられると今より認識してもらえる→ 今よりノンファンの居心地がよくなる

と考えていて(そうじゃない方はブログ、スルーしてください)
その中で、子どもがいない人をひとこで表す言葉が欲しいし必要と思ったのですが

なかなか、子どもがいない人向けのモノコト(目に見えるもの見えないもの両方)っていうの出て来ない。

ブログでも随分前に紹介したこともあると思う、これまたかなり前のネット記事
「子なし女性」を狙えない広告主の複雑心理 購買力は子持ち女性よりずっと高い 東洋経済オンライン → 記事
を先月、他の方との打合せで必要になって、
改めて読んだところ

もとはNew York TIMESの記事かな、で 
アメリカの話ではあるけれど

「子なし」理由多すぎて一緒くたにできない、っていうことが
書いてある~(*_*)

016年7月付けのこの記事を探し当てた頃は
(またこの話だけど(^▽^;)子どもがいない人に関して書かれたものが本当に少なくて
そんな中探せたものの中、
その頃からブックマークをつけて残してためていった記事のひとつでした。

その後も本を書くに当たって何度か読んでいるのですが
腑に落ちてはいなかった(理解していなかった)ってことでした。

子どもがいない理由の多様さを
活動を通じて実際にド・感じた今は(まさにリアルに~^^)
記事の内容も理解できました(当時は分かったつもりでした)。

いろんなことで、
こういう分かったつもりってたくさんあるんだろうな。

で、

理由を超えたところで
(子どもがいないという人生)をまとめる何かがあると思うんだけれどなあ。

これ以上今は頭が回らないので今日はこれでテッシュウします~(@_@)

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス 
↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。 にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 - ひとりごと、雑記