子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人Samiのブログ

子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人のブログです ”子どもがいない”を一言”ノンファン”で言い表わしたい~

子どものその感性で

   

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス
↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

(参拝した箱根神社が出るというので見ていた)
一昨日かなテレビの番組で石原良純さんが
子どもが生まれたばかりの
DAIGOさんにこんなこと言っていました。

子どもが小さい時に
「ハッ」とするようなことをたくさん言うから
それを書いておいた方が絶対いいよ

って。

 

ひとつだけ石原さんが覚えているのは
子どもが幼稚園だか保育園くらいの時に子どもを自転車の前の席(ハンドルの間にあるやつ)に
乗せていた時のこと。
子ども(女の子)が「ぱくぱくぱく」って言っているんだって。

何しているのって聞いたら

空気食べているの

という子どもの答えだったそう。

この話を聞いて
こういう子どもの感性って
固定概念にガチガチに固まってしまった大人に
新鮮な驚きと気づきを与えるよな
と思いました。
石原さんもそういうことに感激したみたいだった。

大人や親を癒しに来ているのかも~。
私も小さい子どもと接する機会があった時は
ハッとするようなこと言うなあと前々から思っていた。

(2回くらい、相当昔だけれど悩んでいることがある時に
4歳くらいの姪に「〇〇で困っているの?」とか
関連する質問を言ってもいないのに突然言われたことがあった。
偶然かもしれないけれど2回別件であったので、小さい子どもって、、、!?
と、いうそういう経験も相まって。)

保育士さんなど小さな子どもと接する仕事の方は
子どもの感性に頻繁に接していると思うのだけれど。

石原さんは他にもたくさん
子どもの感性に触れたけれど
メモしていなかったので今になって
残念と思っているそう。
それで、DAIGOさんに
アドバイスしていたのでした。

この番組でのこの話を聞いていて

自分の子どもから、
その感性に接したかったと
思った~。

年とともにガチガチに固まる思考に渇を入れて欲しかった~笑。

 - ひとりごと、雑記