子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人Samiのブログ

子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人のブログです ”子どもがいない”を一言”ノンファン”で言い表わしたい~

ノンファンのコミュニティ

   

エスリンクスHP
書籍『「子なし」のリアル

前回のブログ
のコメントでyさんから利用しているSNSについてコメントいただきました♪ありがとうございます。
確かに子どもがいない人のSNSがあったら、、、ですね。

 

ーーー

交流会に参加していただいているNorikoさんも
ノンファンのコミュニティや子どもがいない人女性の会の集まりをしていたことがあるので
彼女とノンファンの集まり、つながりの特徴?の話題が
メールで出ました。

 

・ノンファンなので匿名性が欲しいということがある
(これはノンファン個々によって違います)

・(オンラインでもオフ会でも)自己紹介や少しやり取りや投稿あっても
そのまま自然消滅しやすい

ーすべてのコミュニティが盛り上がり気の合う友人が見つかるわけではありませんが
ノンファンだからつながりたいのに、つながりにくいところがありますよね。

それから、コミュニティ継続の達人(?)みたいな人に聞くと
参加する人が新たに参加する人を連れて来ないと
コミュニティは盛り下がるか終わっちゃう、と言っていました。

これは他のコミュニティを見ていても思い当たるところ多いです。

例えば、えっとえっと、、、朝ドラ好きの会を10人で始めたとして
続けるうちにそれぞれの事情で人が抜けたりも出てきます。
熱も冷めます。
幹事を誰かがやってくれるという人が多いと
1人か2人にに継続の負担がかかったりします。
そのうち・・・

私がコミュニティ継続の達人の開催する会に出た時は
参加者Aが友人Bを連れてきて、Aが忙しくなったり飽きたりして
来なくなってもその友人BがCを今度は次の回に連れてきたりする会でした。
会はすごい盛り上がっていました。

そもそもノンファンが周りにいないから
誰かを連れてくるという継続の達人の会の
ようにはいかないです。

(朝ドラの会だったら、楽しそうな会であれば
友人を連れて来れそうですが)

とすると必然的に

ノンファンのコミュニティの継続性や限界点は見えてしまうのですよね。

それを破る一つが社会でのノンファンの認知度の向上です。

 

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス 
↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。 にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 - ひとりごと、雑記