子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人Samiのブログ

子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人のブログです ”子どもがいない”を一言”ノンファン”で言い表わしたい~

子どもがいてもいなくても問題になる・気になる

   

エスリンクスHP
書籍『「子なし」のリアル

最近子どもがいない老後についての話題も多く書いているし
交流会のテーマでもよく出てきますが

・周りが子どもがいる人ばかりで寂しい
・家族(パートナー含む)との関係での悩み
・子どもがいない人生ーこの気持ちどうすればいいのか(心のケア)
(子どもがいてもいなくてもですが)
・健康のこと
・お金のこと

などなどテーマはたくさんあって
年齢やその時にや置かれた環境や状況によっても
ノンファン個人が気になることって変わることも多い。

(勿論変わらないこともあるかもしれないけれど)

そして、子どもがいないから気になること、問題と思っていることは明確だけれど

気になることや
問題と思うこの中に

子どもがいても結局悩んでいたかもということもある。

(自分の経験を通してあくまで一般的な話なんですが)

表に出てくる形は違っても
(例えば人間関係の悩みででも子どもがいたらママ友との関係という形
子どもがいなかったら子どもがいる友達との関係という形 とか)

その元は自分が自分をどうとらえているか。
自分で自分のことがどれだけ好きかどうか。

最近よく使われている言葉で自己肯定感とでもいうのか
一言では難しいんだけれど
仮に自己肯定感という言葉を使うとします。

子どもがいないことが理由の悩みがあるけれど
子どもがいても自己肯定感が低いと
低くない人よりも悩みや自分にとっての問題が結局は多く出てくるのではと思います。

でも、子どもがいないと更に自己肯定感を低くさせられる世の中の空気。

子どもいなくてもその人本人の(敢えてこの言葉→)価値は全く変わらないのに。

ーーー
な~んか回りくどくてよおわからん文章になってしまった(^_^;)

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス 
↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。 にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 - ひとりごと、雑記