子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人Samiのブログ

子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人のブログです ”子どもがいない”を一言”ノンファン”で言い表わしたい~

子どもがいないので若い人から情報を(というわけではないんだけど)

   

エスリンクスHP
書籍『「子なし」のリアル』

前にアップしてたらすみませぬ_(._.)_多分してないと思う。
下書きしてアップしてなかったような
書いて全部消えちゃったときの内容だったような(記憶力が^^;)

子どもがいないので若い人から情報を・・・

ってわけではないんだけれど
結果的にそうなったというオハナシ。

若い人も含めて多世代が働く会社のフルタイムの方は
「そんなの知ってるよ~」かもしれないですが
若い人から聞いて私には衝撃だったのと
あー、こりゃ自分から社会と接していないといろんなことに疎くなるわな、と
思ったことがありました。

ーーー

3ヶ月前くらいに
「おひとりさま限定バー」っていうのに
意を決して行ってみました。
前々から気になっていたのです。

年とると新しい知り合いできる機会も少なくなるし
そういえば、飲み屋さんって知らない人でもその時だけ
結構うちとけて若者、おじさん、女性たちと
話して楽しかったなぁ。

ストレス発散のひとつでもある飲みの場だしね。
開放的で楽しいおじさん飲み屋。
おひとり様限定バーなら行きやすいかな、って思って。

(ココで「私は飲まないから」「私は飲み屋嫌いだから」関係ない話だわぁ
という方いらっしゃると思います。
でも飲めない方も今はソフトドリンクでお酒が入る場を社交場として
捉えている方います。
結構お酒が当然の場でも飲めない若い人もいらっしゃいますのでー(^^)。)
tatemono_bar

で、話を元に戻しますと
その「おひとりさま限定バー」
もちろん、一人でしか行ってはいけません。
連れNG。
皆一人で来ているので、友達や知り合いつくり、
友達つくり、とまでは全然行かなくてもいろんな方と話す、交流できる場。
初めて行く人がひとりでポツンというのが、かえってなりにくく(本人がポツンしたかったら別ですが)。

そして3ヶ月前に、行くまでにも行こうと決めるまで数ヶ月かかりました、やっぱりね。

それは繁華街から少し離れたビルの一室。
それは不安ですよぉ。
ドアからは中の様子が分からないのよ(>_<)

しかし思い切っておひとり様限定バーのドアを私は開けたのでした。

長くなってきたのでつづく

 

 

 

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス 
↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。 にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村 ↓こちらもよろしくお願いします。

 - ひとりごと、雑記