子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人Samiのブログ

子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人のブログです ”子どもがいない”を一言”ノンファン”で言い表わしたい~

子育て・自分の子どもの例の話

   

エスリンクスHP
書籍『「子なし」のリアル

ビジネス関連のセミナー受けていて
例えば部下を育てるなどの話の時に
講師の方がいろんな例の中の話で自分の子どもの話をするときが
あるのよね。

人への声かけとかやる気を出させるには、に
子どもにこう声をかけたら宿題をやるようになった、目が輝いた、みたいな。

1回や2回ならいいけど
子育てのセミナーじゃないから
自分の子どもの話をたくさん出すな~って思ってしまった笑
何回も出すから子どもの名前も覚えちゃったよ。

でも、そのセミナー時は

その時は皆懸命に聞いているから、子どもの話を何回も出してきて
いやだなと思ったけれど
「この先生、自分の子どもの話よくするなあ」という思い自体も飲み込んでいました。

そう思っちゃう(子どもに関しての話じゃないのだから子どもの話をあまり出さないでと思う)自分は
子どもに関して寛容ではなく
優しくないんだ、って思いたくなくて。

先日ノンファンの方にこのセミナー自体の話をしていて、
そうだった、なんかいやだなあと思いながら講義を聞いていたんだったなと
思い出した。

講師自身の子どもの話を何回も出すと、子どもを望んでいたノンファンには
その講義内容はいいのに
頭に入ってこなくなっちゃうんじゃないかなとも思ったくらい。

子どもの話するなっていうなじゃないんだけれど
いや、1,2回ならいいんだけれど。

様々な分野で講師の方、先生と言われる方いるけれど

自分の子ども(テーマに直接関係ないけど)の話よくする人と
一切持ち出さない人がいる。子どもがいらしたとしても一切。

「自分の子ども」っていうところが、、、結局ね、ノンファンが聞くと(ノンファンじゃなくても)
自慢に聞こえちゃうこと結構あるんですよ。
身近な人のことだと分かりやすくなる例ではあるけど
自慢度合いなしから100までのスケールは、聞いていて敏感に感じ取れる(笑)

一般的な子どもの話なら全然いいんだけれどね。

ーーー

こういうこと書くと、子どもの話ができないなんて
いろんなことに気を使って何を話せばいいんだ、っていう
世の中にもなっている気がする。
それもなんだかなあ。

まあ、ノンファンで子どもが欲しくてかなわなかった人もいるんだよって
講師さんが分かってくれていれば
別に話すのはいいんだ。

自分の子どもの話をするときに
本当に分かりやすい何かの例で出しているのか
自慢をしたいんだな、っていうのがちょっとでもあると
ノンファンには分かってしまう。

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス 
↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。 にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 - ひとりごと、雑記