子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人Samiのブログ

子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人のブログです ”子どもがいない”を一言”ノンファン”で言い表わしたい~

活動が進まないことや卵子凍結の記事を見たことなど

   

エスリンクスHP
書籍『「子なし」のリアル

 

ブログの更新、最近できていませんが
いろいろ考えています、思索(大げさ)しています
ノンファンのこと含め、女性の生き方や社会全体のこととか
いろいろいろいろイロイロイロイロ・・・・・・

子どもがいない人生、その反対の子どもをこれから持つかもしれない女性を
後押しする政策や世の中の動きには結構目が行ってしまうかも。

子どもがいない人の心のケアや癒しに関してはいっつもいろんな情報や本、
アンテナのびちゃってます^^;

カウンセラーの友達と話をしたり情報交換したりして
その中で考えが変化したり、新しいことを取り入れたりもしています。
で、交流会はじめノンファンの情報交換やコミュニティ、オンライン、交流企画に関しては、、、
(度々書いていますが(・_・;)↓)
エスリンクスの活動が大赤字なのでその経済的ダメージを
少しでもカバーするための仕事と勉強がますます忙しくて
活動があまりできなくなっています。
(動画とか早く作ってアップしたいな~)

この本末転倒な状況(-_-;)

でもでも通常の交流会は年内3、4回は開催をしたい~

一昨日の日経新聞の記事は読んでいて気持ち複雑だった
実は紙面をめくってこのタイトル読んでちょっと固まった
正直なところ
今の女性はその道が開けていていいな、という羨ましさだった
前にも書いたけれど
私も30代前半くらいだったかな?(記憶あいまい)、調べたら(ネット情報ないので
本か冊子みたいなものだったような気がする)
病気理由ではなく一般の女性に対して卵子凍結をすること自体
日本では認められていなかった。当時はね。
(しているところはあったのかもしれないけれど見つける方法も今のように
ネット情報の社会ではなく)

で、凍結したからってどうなっていたとかではなく
その選択肢があるというだけで全然違うのよね~

この記事ネットにも載っていました

出産もキャリアも諦めたくない 卵子凍結という選択肢

 

 

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス 
↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。 にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村 ↓こちらもよろしくお願いします。

 - ひとりごと、雑記