子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人Samiのブログ

子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人のブログです ”子どもがいない”を一言”ノンファン”で言い表わしたい~

活動振返り2 一番ショックだったこと

      2019/04/13

エスリンクスHP
書籍『「子なし」のリアル』

 

活動の中で一番ショックだったこと、
詳しく書いたんだけれどそれはアップするのやめました。

かいつまんで書けば

本の出版直後に
最悪のタイミングで

ー同じ子どもがいない人に足を引っ張られた

ことでした。

目の前真っ暗、その時たしか泣いた記憶もあります。

配慮がない子持ちの人から、
行政の窓口において、
嫌な思いをしたことはあるけれど、
子どもがいない人に足を引っ張られるなんて、と。

社会にもっと
子どもがいない人のことを知ってもらうことが、
理解してもらうことが、

(ノンファンが感じている*ー感じていない人もいます)
居心地の悪さや窮屈さを少しでも和らげることにつながっていく。

だから、本は内容が一般向け。
『「子なし」のリアル』は
男性でも手に取りやすい新書になっています。
(今更ながら買ってくださった方本当にありがとうございます<(_ _)>)

でも、その内容では子どもがいない人にとって
「お金を払って買ったのに
がっかり、イマイチ」と感じることもありますよね。
それが私がしていたノンファンの活動への不満にも
その方にはなっていたんだと思います。

結局自費の出版と広告(社会問題提起したい観点から日経新聞2回)

の合計で計約700万円。
OL時代コツコツの貯金と退職金から出しました。
印税はもらっていないので回収の見込みはゼロ。

今考えると老後の資金、出版と広告にこんな使ってアホですが、
その時は流れで腹をくくったので後悔はないです。

でも自腹を切って、
そのお金を使った本や広告に関しての
悪影響が直接出るかもしれないことを
子どもがいない人にされた瞬間
活動への熱量が冷めていきました。

悔しいなんてものじゃなかったです。

足を引っ張られたことの一因でもあるのですが
子どもがいない人の状況がそれぞれ違い過ぎる。
そのため子どもがいない人の中での
グルーピングや個人の意固地な態度にもつながってしまうのです。

子どもがいない人の状況がそれぞれ違い過ぎる

このことは、崩しようのない壁です。
つながるのであれば
面は求められない。

線か点だったらつながるきっかけになる。

どうせなら楽しくつながった方がいいなと思います。

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス 
↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。 にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

↓こちらもよろしくお願いします。

 - ひとりごと、雑記