子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人Samiのブログ

子供がいない人生情報交換&シェア・エスリンクス管理人のブログです ”子どもがいない”を一言”ノンファン”で言い表わしたい~

若い世代はやはり苦手かも

      2020/02/22

エスリンクスHP
書籍『「子なし」のリアル

多くはないですが、10代、20歳前後の子(友達の子や親戚の子)、
いわゆる若い世代と
時間を長く過ごす機会がまぁまぁあります。

それから、友達の子どもの話を性格含めてよく聞くこともあります。

昔からの友達で30年以上の付き合いなので、私もこの年代になると
普通に彼、彼らの子どもの話が聞けるようになりました。
子どもが小さかった頃の話や成長を知っているし。

あと、たまに若い世代と仕事の関係で一緒になったりする。

職場で若い世代(20代全部も含む)と毎日顔を合わせている人は違った感想を持つのかも
しれませんが、

全体的な私の感想としては(8:2くらいの割合で8の方)

今どきの若い子って(いかにも年上のおじさんおばさんが使いそうな嫌味な言い方^^;)

ほとんど感動とか感激しないのね
冷めてるなあ

ってこと。(一個人の感想です〜)

珍しい体験、素晴らしい景色、
海外旅行や海外の人との交流なども含めて

情報がいつもある世界だからなのか
(環境や経済問題で地球規模で)夢がない世界になってしまったのか

えーーーすごーい とか
わぁ、あありがとうございますーーーって

ほとんどないなぁ、ってこと。

昔と比べちゃいけないけどね♪昔はすぐ手に入らないもの(旅行など含めて)や情報ばかりだったから
手に入った時の感動はすごかった。

自分に子どもがいたら「今どき若い子」が分かるので
それほどがっかりしないのかもしれないな、っていうのも思ったりする。

30年以上前に「アメリカ横断ウルトラクイズ」という番組があって
勿論ネットもない頃で海外旅行もハードルが今より10倍くらい(私比較)高い雰囲気の頃。

クイズ勝ち抜いてアメリカに行けるっていうのをテレビで見ているだけでも
わくわくしてしまった庶民のワタシ。
NYの摩天楼なんてポスターやポストカードで知る頃。

が、

海外旅行も海外の人と接すること、今は身近なことだものね。

好奇心って脳の成長にも大事っていうけど
情報が身近過ぎると好奇心が少なくなっちゃうっていうのもあるのね。

と思っていたら

8;2の2の方になると思うのだけど
私との会話を好奇心とともに聞いてくれて質問もたくさん来て
参考になったとお礼言ってくれた若い子に会うことも稀の稀にあって
とても感激してしまった。

何が書きたかったかというと、えっと、なんだっけ、

若い世代(ちょうど友達の子どもがその世代なのよ~)
の空気や特徴(もちろん個人差はあるけれど、時代を背負っているようなもの)は
子どもがいないから
びくびくしながら感じるノンファンの私でありまして

ーあ~冷めてるなあ今の若い世代ってー

と思ってがっかりしていたり、かと思うと

ちょっとリスペクト向けてくれる好奇心旺盛な若い子に会ったりすると

ーいいなあ若いってー

と思っている。
その親御さんに会うとすごく羨ましくなったり、とか ← ココ、ノンファン気質

めちゃくちゃド人間しています。(なんのこっちゃ)

エスリンクスのホームページはコチラ→エスリンクス 
↓励みになりますので押していただけると嬉しいです。 にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ

 - ひとりごと、雑記